home exericise

カテゴリー

Body Make Weight Loss

運動不足を自宅で解消する3つのポイント



『自粛生活が長引いて運動不足に拍車がかかってしまう・・』

『デスクワークに在宅勤務が重なり家から一歩も出てない・・』

『運動したいけど何からしていいのか分からない!』

そんな疑問をお持ちの方に、
自宅でできるエクササイズで1ヶ月4kg落とした私が
その3つのポイントを紹介致します。



自宅で運動不足を解消するための3つのポイント

home gym


自宅で運動不足を解消するためにはクリアすべき課題があります。

・十分なスペース
・トレーニング用の器具
・知識

これらの課題は、あれば結構!
なくても全く問題ありません。

今回は、
スペースも器具も知識もない方向けに
どうやって自宅で運動不足解消するのか
ポイントに分けて紹介します。


1.1週間で計画を立てる

plan

まずは、1週間での計画を立てます。

運動不足の解消には『継続性』が必要不可欠です。

毎日運動を継続できる方はそのままやりましょう!!
しかしながら、
毎日運動を継続できる人間は数%程度しかいないでしょう。


世界で最も権威のある運動ガイドラインを発信する機関である
アメリカスポーツ医学会では

中程度の運動・・・150−300分/週
       または
活発な運動・・・75−150分/週

の有酸素運動の実施が望ましいと推奨されています。

具体的には
・散歩程度なら3時間から6時間
・息の上がる運動なら1時間から3時間
を1週間で行えば良いという考え方になります。


運動強度の決め方

heart rate

運動強度の決定には『心拍数』を用いるのが一般的です。

心拍数の計算には
「220−年齢」と言う式を用います。

例えば、
30歳なら 「220−30=190」
55歳なら 「220−55=165」

この値は推定最大心拍数と呼ばれ、
100%の運動を実施した場合の最大値と言われます。


アメリカスポーツ医学会の提唱する
中程度の運動とは(会話ができる)
 推定最大心拍数の65−75%

活発な運動とは(1語程度しか会話できない)
 推定最大心拍数の76−96%

先ほどの例で説明しますと、
30歳の方で「220−30=190」
⇒「190×0.65~0.75=123〜143」
➡「190×0.76~0.96=144〜182」

55歳の方で「220−55=165」
⇒「165×0.65~0.75=107〜123」
➡「165×0.76~0.96=125〜158」


↓↓要約すると↓↓

30歳の方なら
○心拍数123~143の運動を週3時間から6時間
または
●心拍数144~182の運動を週1時間から3時間

55歳の方なら
○心拍数107~123の運動を週3時間から6時間
または
●心拍数125~158の運動を週1時間から3時間

の実施が推奨されています。

計算が若干煩雑ですが
目標の心拍数を設定して運動することで
向かうべきゴールが明確となります。

■オススメのウェアラブルデバイス■
GARMINのウォッチは
・心拍数のリアルタイム表示
・歩数のカウント
・音楽
・GPS(Nikeアプリとも連動)
・様々な有酸素運動を計測可能
・睡眠状態も計測可能
などスマホと連動できる点で
Apple WatchFitbitと肩を並べる存在です。






2.短時間で終えられるメニューを作成する

timer sand

外へ散歩やランニングができる状況であれば
思いっきり気の済むままにやって
ストレスを発散することが先決です。

自宅でできるエクササイズともなれば
1時間も2時間もぶっ通しでできるはずもありません。

自宅でエクササイズ(運動)する際は
15~30分程度の運動におさめましょう。



『運動は20分以上継続しなければならない!』

ことはありません。
10分単位でも問題ありません。
1日の運動時間が20分以上になると
脂肪燃焼効果が現れ始める、ということです。

つまり、
●午前中に15分のエクササイズ
●入浴前はしっかりめに30分のエクササイズ
を行うだけで
1日の運動時間が合計45分となります。

これを1週間のうち4日行うだけで
合計3時間の運動時間
の確保に繋がります。


3.YouTubeなど動画を積極的活用

youtube

YouTubeには自宅で出来るエクササイズの模範動画が
たくさん出現しています。

(中にはビジネス目的のYouTuberによる粗悪な動画もありますが。)


私が個人的に推奨しているエクササイズは
『HIIT』です。

日本語では高強度間欠的トレーニングといい、
短時間で筋トレと有酸素運動の両方の効果を獲得する
優れたトレーニングプロトコルといえます。

おもに有酸素運動と言えば
・散歩
・ジョギング
・水泳
・縄跳び
など思い浮かべる方がいらっしゃると思います。

厳密にいうと
有酸素運動とは運動の様式ではなく
エネルギーの産生方法のことを指します。
(ここ重要)


どういうことかというと、
長時間運動できる➡エネルギーは脂肪燃焼がメイン
短時間しか運動できない➡エネルギーは糖質がメイン


短距離走や、
筋トレなどの種目は
長時間継続することのできない運動です。
爆発的なエネルギーが必要とされるため、
糖質>脂肪 でエネルギーを作っています。

一方、
散歩やジョギングは
長時間継続できます。
穏やかなエネルギー産生で間に合うため
糖質<脂肪 でエネルギーを作ります。 


HIITは筋トレと有酸素運動のハイブリット

HIITは自重で行う筋トレを多数組み合わせることで
有酸素運動の様式を作り出します。

『HIITは筋トレと有酸素運動のハイブリット』
といえることができます。

私が実際に1ヶ月4kg落とした時
HIITを毎日行っていました。


↓参考動画↓

自体重で行う腹筋にフォーカスしたHIIT
ボクシングを取り入れたHIIT
音を一切立てないHIIT


どうしても1人では続けられない人は・・・
オンラインサロンを受けるのもアリ!

どうしても1人では続けられない人は
自宅で行えるオンラインサロンを受講することをおすすめします。

その利点は
・パーソナルジムの約80%オフ
・無料体験あり
・時間と場所を選ばない
・【徒歩0分のパーソナルジム】


無料体験ができるおかげで安心して申し込めます。

どうしても
1人ではじめられない方にとっては最強の味方です。

[関連]【徹底比較】自宅ダイエットオンラインサロン6選【無料体験あり】

まとめ

自宅で運動不足を解消するためには
①1週間の計画を立て
②短時間で終えるメニューを構築し
③思いっきりYouTube観ながら
やれると途中で頓挫せずに続けられます。

この機会に
自身にあったトレーニング方法を
作成しても良いかと思います。

ブログランキングに参加しています

-Body Make, Weight Loss
-, ,

© 2021 筋トレは人生を豊かにする Powered by AFFINGER5