ヨガの資格を取るためには解剖学の知識が必要!解剖学の勉強法は簡単【百聞は一見にしかず】

カテゴリー

Job Life

ヨガの資格を取るためには解剖学の知識が必要!解剖学の勉強法は簡単【百聞は一見にしかず】

「ヨガの資格を取るときに解剖学って必要なの?どうやって勉強したらいいんだろう・・・」

 

こういった疑問にお答えします。

解剖学はむずかしい・・。

そう諦めていませんか?

解剖学の知識はヨガに留まらず、ちょっとしたカラダの不調にも気づきやすくなれるヒントがたくさんちりばめられています。

トップヨガインストラクターは解剖学に精通しているため
お客様のカラダの悩みを解決できるてるわけですね。

そこでこの記事では「ヨガ+解剖学」がなぜ重要なのか、
そしてその勉強法について深めて参ります!

こんな方におすすめ

  • ヨガのインストラクターを目指す人
  • ヨガ未経験で解剖学に自信のない人
  • ヨガの資格取得中だけど解剖学が苦手な人



 

ヨガの資格に解剖学が必要である3つの理由

ヨガの資格を取るためには解剖学の知識が必要!解剖学の勉強法は簡単【百聞は一見にしかず】

ヨガの資格を取得するためには解剖学の履修が必須となっています。

それもそのはず。

ヨガ自体はカラダを動かすことで心身の調和を図るもの。

気持ちだけではどうにもならないのが「ヨガの特徴」です。

実際にヨガインストラクターに解剖学が必須である理由について紹介します。

 

ヨガは心身の調和を整える手法

上記でも触れましたが、ヨガは「心身の調和」をテーマにします。

いくら気持ちだけで先行していてもカラダはついてきません

解剖学のちょっとした知識があれば「この部位を動かすにはまずここから動かして・・・」
と言う思考が出来るようになります。

この感覚がトップヨガインストラクターへの第一歩となります。

 

解剖学の知識を意識に落とし込む【=アスリートは得意】

カラダを自在に操ることに長けている「アスリート」は
どこにどんな筋肉があってどうすれば動くか、だいたい把握しています。

パフォーマンスとはそういった小さな意識の連続によって獲得されます。

心身の調和を図るためにはまずは知識の部分から鍛えましょう。

 

 

ヨガインストラクター≒トレーナーである

ヨガのインストラクターはただヨガを教える人ではありません。

ヨガに通ってくる人達は
筋トレするジムはイヤだからヨガにしようッ」という気持ちで来る人がほとんど。

本来なら解剖学がしっかり身についたトレーナーにトレーニングを教わることが理想ですが、

そうではなく、ヨガを選んでくれたその人を全力でサポートしなくてはなりません。

お客様はヨガインストラクターにトレーナーの資質も求めるようになっているのです。

 

ポイント

ヨガの資格に解剖学が必要な3つの理由

  1. ヨガは心身の調和を会得する
  2. 解剖学の知識は意識的にカラダを操るために必要
  3. ヨガインストラクターにはトレーナーの資質を求められている

 

 

解剖学が苦手な人の特徴

ヨガの資格を取るためには解剖学の知識が必要!解剖学の勉強法は簡単【百聞は一見にしかず】

ヨガの資格をとるために初めて解剖学を習ったと言う人も多いはず。

解剖学って言い換えれば自分のカラダのこと。

自分のカラダのことなのに知らないことだらけで驚愕したのではありませんか?

そんな解剖学が苦手な人の特徴をまとめました。

 

NG!教科書・参考書だけで覚えようとする

解剖学の苦手な人に最も多い特徴がこれ。

テキストや参考書をずっと眺めている人

解剖学とは裏返せば、自分のカラダのこと(前述)。

テキストばかり眺めていても知識が定着しない原因は『実学』として捉えていないから。

中学校・高校の歴史や国語の授業の様に教科書の中で完結する学問ではありません

自分のカラダを触りながら「これは○○筋」「これは○○骨」と実学として捉えていきましょう。

 

NG!インプットしかしない

解剖学はいくらインプットしても定着しません

記憶できる量を遥かに超えるテキストの量です。

テキストを眺めている人と同じですが、いくら読み込んでもそれは「机上の空論」。

積極的なアウトプットをしない限りは絶対に武器にはなりません。

 

ポイント

ヨガ資格の解剖学が苦手な人の特徴

  1. テキストをずっと眺めている人
  2. インプットしかしない人

 

 

ヨガ資格に向けた"苦手な"解剖学を修得する効果的な勉強法

ヨガの資格を取るためには解剖学の知識が必要!解剖学の勉強法は簡単【百聞は一見にしかず】

ヨガ資格取得に向けた苦手な解剖学を修得する効果的な勉強法をお教えします。

というのも解剖学はヨガインストラクターに限らず、

整形外科医・理学療法士・トレーナーそしてスポーツの研究者など

医療現場かどうかに関係なくまず先に覚えなければならない学問のひとつです。

ここでは私たちが実際に解剖学を修得するために行っていた勉強を紹介します。

 

トップトレーナーお墨付きの解剖学テキストを揃える

まずトップトレーナーお墨付きの解剖学テキストを揃えます。

これは「形から入る」、と言う側面もあります。

しかし本質的にトップトレーナーお墨付きの解剖学テキストはレベルが違います。

例えばこういった解剖学のテキストはわかりやすさの頂点にいます。

 

そんなに高価なテキストは買えないと言う人は
こちらの参考書でも十分な解剖学的知識は補えます。

 

 

いすれかは手元に置いておきたいテキストです。

 

百聞は一見にしかず【トイレやお風呂に図を貼る】

小学生の頃を思い出してください。

トイレの壁紙やお風呂の壁に「ひらがな一覧」や「漢字一覧」のポスターを貼りませんでしたか?

トレーナーや理学療法士の資格を取得する人の自宅では

ほとんど同じ光景が見られます。

人体の筋肉や骨の名称が記されたポスターをトイレの目に付く場所に貼っているのです。

解剖学の単語は椅子に座って覚えるよりも、潜在意識の中に刷り込ませた方が覚えが早いです。

その潜在意識の中に刷り込ませる方法が「日常生活」に溶け込ませることです。

まさに小学生が「ひらがな」や「漢字」を覚えるのと同じなのです。

 

 

模型をベタベタ触りまくる

解剖学は実学である。

ということは解剖模型を実際に触らずして実学と言えましょうか?

テキストを読むだけではダメです。

実際に人の身体を触ってみてもいいし

それが無理なら模型を使って知識を体得しましょう。

解剖学は実学です。

 

ポイント

ヨガ資格の解剖学を習得するための効果的な勉強法

  1. トップトレーナーお墨付きのテキストにする
  2. 日常生活で目に入る場所にポスターを貼る
  3. 模型をベタベタ触りまくる

 

 

まとめ:ヨガの資格を取るためには解剖学は必須!

ヨガの資格を取るためには解剖学の知識が必要!解剖学の勉強法は簡単【百聞は一見にしかず】

ヨガの資格を取得するためには解剖学は必須の学問です。

他のインストラクターと差をつけるには解剖学の知識の差が出ると言っても過言ではありません。

ポイント

ヨガの資格に解剖学が必要な3つの理由

  1. ヨガは心身の調和を会得する
  2. 解剖学の知識は意識的にカラダを操るために必要
  3. ヨガインストラクターにはトレーナーの資質を求められている

 

ポイント

ヨガ資格の解剖学が苦手な人の特徴

  1. テキストをずっと眺めている人
  2. インプットしかしない人

 

ポイント

ヨガ資格の解剖学を習得するための効果的な勉強法

  1. トップトレーナーお墨付きのテキストにする
  2. 日常生活で目に入る場所にポスターを貼る
  3. 模型をベタベタ触りまくる

 

ヨガの資格が取得できるおすすめオンライン講座4選【無料体験会あり】
ヨガの資格が取得できるおすすめオンライン講座4選【無料体験会あり】

続きを見る

 

ブログランキングに参加しています

-Job, Life
-, ,

© 2021 筋トレは人生を豊かにする Powered by AFFINGER5