高い授業料が払えない人用のプログラミングスクール:CODEGYMがおすすめ

カテゴリー

Job

高い授業料が払えない人用のプログラミングスクール:CODEGYMがおすすめ

「プログラミングスクールって授業料が高くて学びたくても学べないよう・・・かといって無料のプログラミングスクールは不安。どこかおすすめないの?」

そういった方に朗報です。

プログラミングスクールと言えば高い入学金高い授業料のイメージ。

だいたい相場観として30万円〜50万円

エンジニアになるといっても最初からそんなお金を用意することはほぼ無理ですよね?

そんなあなたにはCODEGYMへの入校が必要!

入学金、授業料はすべて出世払い

就職が決まらない限りは授業料が発生しません!

「え、なにそれ。気になる。」

説明していきますね。

 

CODEGYMは日本初のエンジニアスクール

「プログラミングスクールってたくさんありすぎてよくわかんない。とりあえず授業料が高すぎる。そのイメージ。」

一般的なプログラミングスクールというとだいたいこんな相場観。

プログラミングスクールの相場

  • 入学金・・・無料〜5万円
  • 授業料・・・月々15,000円〜50, 000円程度

将来的にエンジニアとなって稼ぐことがほぼほぼ保証されているとは言え、高いですよね。

特に新卒組第二新卒組にとってはかなりの痛手

こういった若者の学ぶ機会を経済的に守ってあげようと立ち上がったプログラミングスクールがCODEGYMなんです。

「CODEGYMってなに?」

CODEGYMは日本初のプログラミングスクールです。

ポイントを以下に簡潔にまとめています。

CODEGYM

  • 就職するまで学費が発生しない
  • 就職後、所得に応じて学費が決定(支払い開始)
  • 就職率100%
  • 卒業時の平均内定獲得社数2.2社
  • 適正を4週間で判断される(この期間の学費は無料)
  • 入学条件:満16歳〜29歳以下の方
  • 入学条件:エンジニアとしての 就職・転職または起業等の意欲が明確
  • CODEGYM ISA は、オンライン学習プログラム(リモート・ラーニング)
「控えめに言って貧乏人にもエンジニアになれるチャンスがあるってことか!激アツ!」

CODEGYMの無料カウンセリングを受けてみる

 

 

CODEGYMの特徴

ここではCODEGYMのメリット・デメリットを含めて特徴を紹介していきます。

 

CODEGYMのメリット

CODEGYMのメリットは以下の通り。

CODEGYMのメリット

  1. 学費は就職するまで発生しない
  2. 就職後から給与の10%を返済する制度
  3. 就職率100%

最大の魅力はこの3つでしょう。

以下が詳しく解説した図になります。

高い授業料が払えない人用のプログラミングスクール:CODEGYMがおすすめ

月収の10%を30ヶ月払うことで学費の返納とする制度。

最大99万円となりそれ以上払うことはない。

就活まで面倒をみてくれるので、確実に返済することは可能。

「この制度なら大学院生の私でも手に職をつけることができるのね。」

CODEGYM公式サイト

 

 

CODEGYMのデメリット

CODEGYMのデメリットは以下の2つ。

デメリット

  1. 学費の総額は他のプログラミングスクールより高い
  2. 29歳までの入学条件がある(入学条件が厳しい)

就職して払う学費は月収の10%×30ヶ月(最大99万円)。

巷のプログラミングスクールはだいたいこんな感じ。

月々1万円〜3万円の学費を払うことでエンジニア養成授業を受けられるわけですが、納入すべき学費の総額は圧倒的に安い

「総額でみると雲泥の差だね。でも職がない今、月々数万円の出費は痛い・・・・」

CODEGYMのサブスク?

習った分だけの学費を払うCODEGYM Monthlyというサービスもあり。

受講料は(月)24,970円(税込)〜だけ。

習っていた月分だけ払うシステム。

3ヶ月で退会すれば79,410円の授業料のみ。

詳しくはコチラ

 

CODEGYM公式サイト

 

 

CODEGYMへのよくある質問

 

学費を就職してから払うってなんか怪しい・・・?

なんて人のためにCODEGYMのよくある質問に答えていきます。

 

そもそもなんで就職してから学費返納できるの?

「学費の支払いシステムが不思議すぎる」
「ISAというアメリカ発の契約システムで、認証を受けた企業のみできる契約。現在ではCODEGYMのみが学費後払いシステムを許されれている。」

 

何歳でも入校できるか?

「エンジニアになりたいけど未成年でもなれる?」
「原則、満16歳以上 29歳以下。30歳以上は特例により認められる場合あり。」

 

就職・転職ができなかった場合は?

「カリキュラムこなしても就職できなかった場合はどうしたらいいの?」
「カリキュラムを完了し、転職できなかった場合年収が一定金額を下回った場合は、学費の支払いの必要がない。 そのためスクールと学生との間で、成功とリスクがそれぞれ共有されているフェアな契約となっている」

 

学費の返納に金利ってある?

「30ヶ月に渡って学費を返納するのに金利ってあるの?」
金利はない。収入が変わればそれに応じて返済金額が変更する。増えても減っても。」

 

途中で辞めることはできる?

「入学はできたけどついて行けなかったらどうしたらいいの?」
入学後〜4週間はいわば試用期間。この期間内に辞めれば学費は一切かからない。 逆に、5週目以降に進むには所定の適性診断に合格する必要がある。」

CODEGYM公式サイト

 

 

 

まとめ:プログラミングスクールの授業料が高すぎて払えないならCODEGYMしかない

たくさんのお金を稼ぐためにエンジニアを目指そうと思ったのに、学費が高すぎて払えないなんて本末転倒

それなら、就職・転職の面倒までみてくれて学費も働き始めてから払い始める制度(ISA)があるCODEGYM以外の選択肢はないでしょう。

入学条件が厳しいので本気じゃない人にはおすすめできません。

 

 

ブログランキングに参加しています

-Job
-

© 2021 筋トレは人生を豊かにする Powered by AFFINGER5